« 拾う神,降臨 | トップページ | Pray for Japan »

2011年3月12日 (土)

加藤一二三九段伝説

・敬虔なカトリックのため「一分将棋の神様」と呼ばれるのが嫌、「一分将棋の達人」と呼ぶように懇願
・おやつに板チョコ10枚食べた。(明治製菓限定) 数枚まとめてバリボリ。
・カルピスを魔法瓶に2本作ってきて、あっという間に飲み干した。
・タイトル戦で「音がうるさい」と旅館の滝を止めさせたことがある
・将棋世界連載・自戦記で「キリスト教について」
・口癖は「あと何分?」、秒読みに入っても「あと何分?」「あと何分?」「1分です」「あと何分?」「1分です」「あと何分?」「1分です」
「あと何分?」ついにキレた記録係。「1分だよ!」 、記録係「20秒、1、2、3」 「あと何分?」「もうありません」解説の森内氏も大爆笑
・相手の後ろにたって盤面を覗き込む
・対局中の賛美歌ハミング。対局中に対局室のある4階から5階にあがり、賛美歌を歌いながら神に祈りを捧げる
・天井のテレビカメラを睨み付ける
・勝負どころで飛車を両手で打ちおろしたら真中から割れた
・余りに強く打ち付けるため、対戦相手がそちらに気を削がれて勝負に集中できない
・盤を割ったことがある。
・感想戦で二歩
・三浦七段との“冷房スイッチ、オン・オフ合戦”
・ネクタイが異常に長い
・エアコンの音が気になるので消そうとしたら、間違えて部屋の照明を消した
・詰みを発見して「ウヒョー!」
・解説では、解説せずに一人で納得
・雨宿りをする猫4匹に「ハロー」と手を上げて挨拶。「君達も、将棋に興味があるのかい?」
・マイストーブを対局室へ持ち込み、対局者に向けて対局開始
・NHK杯の紹介文「ちょっと行動がアレですが、いえかなりアレですが、なんとまぁ元名人です」
・対局中対戦相手と「熱い」「寒い」論争
・なんと師匠を逆破門
・十段戦で七時間近い長考
・テレビ中継のある銀河戦で待ったをして相手と言い争いの喧嘩、銀河戦出場停止となる。
・1981年に10段位になる、加藤12310段だった。
・一二三二冠王だった。
・新聞記事、一二三九段ってぱっと見何段だか分かりにくい
・神武以来の天才と呼ばれる
・ローマ法王ヨハネ・パウロ2世(当時)から聖シルベストロ教皇騎士団勲章を受章して教皇騎士号(Pontifical Knighthood)を与えられる。
・私は棋士ですが、このたびは騎士にもなりました。ヴァチカンに事件でも起きれば白馬にまたがってはせ参じなければいけません
・さすが一分将棋の達人、一分将棋中にもトイレに立つ
・気合が乗ってくると膝立ちになりズボンをずり上げる。
・王位戦の昼食に、「すしにトマトジュース、それにオレンジジュースとホットミルク、天ざる」を注文
三時には「メロンにスイカ、ホットミルク三杯にケーキ、モモ」を注文
米長もみかんお盆いっぱいを注文するが、おやつ合戦に負けた米長が勝負にも負ける。
・十段戦で、米長とのミカン食い決戦、記録係が「ミカン臭くて死にそうです。」と助けを求める。ミカン合戦に負けた米長が勝負にも負ける。
・鍋焼きウドンとおにぎりを9個購入、対局前にはおにぎりの山が築かれるが、対局中にはおにぎりが消え失せた
・「おにぎりはもともと戦の食べ物。夜戦に備えて注文しました」
・全ての昇級の最年少記録を持っている
・他の棋士も加藤先生の食事が気になるのか、奨励会員のひとがメニューを聞きにいくときはシーンとしずまりかえる
・対局の途中に蜂蜜をチュウチュウ舐める
・一分間にみかんを三つたべる、対戦相手の羽生も局面を見ずにそちらに注目
・対局中、十数本のバナナを房からもがずに平らげた。
・加藤一二三氏からの手紙には、30枚くらい切手が貼ってある。
・テレビの対局で投了するような形成になったが、解説が面倒くさいのでそのまま粘って戦っていたら、逆転して勝ってしまった。
・無人島に持って行きたいもの「羽生さん」
・将棋日本シリーズ前日。アマチュア相手に本気で勝負!空咳・チョンチョン・駒を全力で叩きつける。
ある下手は入玉され、他の下手は駒を全駒取られ状態、他の下手には頭を抱え込んで動かなくなっていた。
全局大圧勝で幕を閉じた「今日はアマチュアの方と本当に楽しく、また気分良く将棋が指せました、明日もこの調子で将棋を指したいです」

|

« 拾う神,降臨 | トップページ | Pray for Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拾う神,降臨 | トップページ | Pray for Japan »